アンカーポイントに移動する
アンカーポイント
アンカーポイント

「2019年角板山梅の花祭り」が開幕

更新しました:2019-04-30

公開日:2019-01-11

人気:91

角板山公園は桃園復興区にあります。園内では敷地面積2ヘクタールに300株あまりの梅の木が植えられており、北台湾最大の梅林です。どれも樹齢30年を超える梅の木は、雅趣あふれる枝振りを見せており、近頃はFBにチェックインやIGに写真をアップする若者にも人気です。園内には広大な芝生緑地があり、純白の梅の花が散る頃は、白い花の雨が散らつくようで、周囲を囲む山林の景色と鳥達のさえずりが、童話の世界のようなメルヘンチックな雰囲気を醸しています。毎年大勢の行楽客が梅花の美しさに触れようと山を登ります。
2019年1月12日、13日、20日には「2019年角板山行館梅の花祭り」イベントが開催されました。今年の「梅の花祭り」は「賞梅童楽趣」をテーマに、「草地遊戯区」、「梅下でハッピーピクニック」、「撮影チェックイン区」、「文創ボードゲーム紀念品区」、「親子点心ブース区」、「親子で梅花観賞」が行われました。
今年の「梅の花祭り」では、「親子で草地遊戯」、「親子で梅花遊」等、親子の絆を強める愉快なイベントが盛り沢山でした。また今年は、地元の学校、コミュニティ協会、青年団体を招き、桃園の先住民文化に関連するパフォーマンスも行われ、エネルギッシュで愉快なステージは大いに盛り上がりました。親子で楽しめるイベント満載の今年の「梅の花祭り」は子供達の心に忘れがたい思い出を残したことでしょう。

写真

Top