アンカーポイントに移動する
アンカーポイント
アンカーポイント

専属バンドが創作「桃園ランタンフェスティバル」のテーマ曲

更新しました:2020-04-30

公開日:2020-01-01

人気:77

「2020桃園ランタンフェスティバル」は初めて老街溪の「平鎮新勢公園」と「中壢光明公園」で開催されました。「台湾ランタンフェスティバル」のキュレーター、張漢寧氏にメインビジュアル策定を依頼し、初めて音楽制作会社を通して、四人の実力派歌手で台湾初の「ランタンフェスティバル専属バンド」を結成。ランタンフェスティバルのテーマ曲「曙光 LIGHT UP」を制作しました。みんないっしょに歌えば日の光が輝き、桃園を明るく照らします。

メインビジュアルを策定  ランタンフェスティバルをアートに
今回のメインビジュアルでは、台湾の百大インダストリアルデザイナーに連なる張漢寧が腕を振るいました。桃園を代表する風景である「埤塘」から着想し、本年の干支である鼠をテーマに、今年の「桃園ランタンフェスティバル」が視覚に訴える芸術の祭典であることを予告しました。

ランタンフェスティバル専属バンド 桃園の未来を歌う
「2020桃園ランタンフェスティバル」では全く新しい試みが行われました。有名音楽プロデューサー-陳子鴻氏がプロデュース。台湾初のランタンフェスティバル専属バンドが結成されました。新しく作られたランタンフェスティバルのテーマ曲「曙光 LIGHT UP」は桃園に対する期待と未来に対するビジョンを歌い上げています。

2020桃園ランタンフェスティバル 内外の来場者をお待ちしています
「2020桃園ランタンフェスティバル」は1月31日に点灯。「平鎮新勢公園」、「中壢光明公園」、「老街溪河岸公園」では多数のプログラムが企画されています。ランタンフェスティバルを訪れるすべての方が、中華文化のにぎやかな小正月を感じ、光の桃源郷に浸っていただけるでしょう。
 

写真

Top