アンカーポイントに移動する
アンカーポイント
アンカーポイント

「龍潭大池吊橋」の竣工式典、ライトアップパフォーマンス

更新しました:2020-04-30

公開日:2020-01-21

人気:70

「龍潭大池」の環境が大幅にアップグレード 最高の旅をお届け
桃園市政府観光旅遊局は龍潭区を南区の重点観光スポットとして開発しようと、「龍潭大池」周辺を整備しました。旧吊橋を撤去し、水上舞台と埠頭を設置。サービスセンターを改修し、東岸の景観を改善すると共に、満月橋周辺の水辺の景観を整備し、ライト設置と吊橋建設などを行い、観光インフラをアップグレードさせました。観光の安全性、快適性を高め、誰もが使いやすい環境を実現しています。

吊橋の使いやすさと実用性を強化

1. 形式:吊橋は斜張橋と吊り橋機能の複合構造。改修により使いやすさが大幅に向上。「龍潭大池」で将来ウォーターアクティビティを開催することも視野に入れた設計となっている。

2. 外観:旧吊橋の形式を残した設計で、『龍』と『水』を構想の主軸とし、龍潭の環境的特色である『山水』と『巻雲』のイメージを融合した地方文化を象徴するものとなっている。

3. 照明:徒歩による観光の重点区域である九曲橋、南天宮、吊橋をライトでつなぎ、季節と祭典・イベントなどのテーマに応じたライトアップを行なっていく。

吊橋ライトアップ 新たな夜景スポットに
今回の竣工式典では、地元の「龍獅団(中国獅子舞)」が迫力ある舞を披露し、生まれ変わった「龍潭大池」の新しい顔をアピールしました。吊橋は夜には多彩なライトアップが施され、「龍潭大池」がカラフルな装いを纏います。日中とは異なる風貌を楽しむことができる他、今回のライトアップには地元の音楽も組み合わされ、龍潭特有の風情を醸しています。

写真

Top