アンカーポイントに移動する
アンカーポイント
アンカーポイント

「2020 桃園ランタンフェスティバル」が老街溪を輝かせる 光の桃源郷へどうぞ

更新しました:2020-04-30

公開日:2020-01-31

人気:94

7つの光りが「2020桃園ランタンフェスティバル」を照らす

1.「台湾初」ランタンフェスティバル専属バンドがランタンフェスティバルテーマ曲「曙光」を歌う

2.「初の単独来台」フランスの機械ドラゴンサーカス・レパートリーシアター「光の巨龍ショー」

3.「桃園オリジナル」新創作の夜間レパートリー・パレード「老鼠娶親」

4.「台湾最大」スクリーン面積500平方メートルに達するプロジェクション・マッピング「光の飛航ショー」

5.「台湾初」野外劇場型の3D立体ライティングショー「光の森林」

6.「台湾最大」面積最大のライトアップ迷路「光の迷宮」

7.「台湾初」一万個を超える七色のLEDライトでバラを描く「大地花毯ショー」

3つのランタンエリアにそれぞれの特色 伝統と革新を表現
平鎮新勢公園の「飛天曙光ランタンエリア」は「桃園航空城、国門の都」をテーマに、500平方メートルのスクリーンで、動画とSFXを活用し、「光の飛航ショー」を上演します。さらに、ランタンエリア内には「光の森林」を設置し、何百匹もの昆虫、動物の立体映像を映し出します。「光の迷宮」は垂れ下がる藤枝のようなライトで夜の植生壁を飾ります。迷路を探索しながら、光と影の芸術にじっくりと浸ることができるでしょう。
中壢光明公園の「大地曙光ランタンエリア」は一万個を超える七色のLEDライトでバラを描き「大地花毯ショー」を繰り広げます。夜間は心を揺さぶるラブソングと共に色彩が揺れ動きます。「魔幻城堡」はバロック風のお城です。ルネッサンス時代の世界に入り込み、お城の上から「大地花毯ショー」を眺めましょう!
老街溪沿岸の「銀河曙光ランタンエリア」では、川面を大量のデザインライトで飾り、圧倒的な迫力で美に包まれる感覚が味わえるでしょう。また、フランスから招かれた機械巨獣サーカス団の「光の巨龍ショー」を鑑賞することもできます。

写真

Top