アンカーポイントに移動する
アンカーポイント
アンカーポイント

熱血ガイド募集中!大渓日本語ガイド研修申し込み受付中

更新しました:2020-09-09

公開日:2020-06-08

人気:69

大渓老街の豊富な歴史文化を広め、日本人旅行者のディープな旅を促進するため、桃園市政府観光旅遊局は日本語ガイドを募集します。日本語が流暢で、日本人旅行者との交流に興味のある方の参加をお待ちしています。研修修了後、要件を満たした場合は採用され、実際に日本旅行者を大渓老街のディープな旅に案内していただきます。

非常に豊富な研修カリキュラム 大渓老街エリアをディープに体験
大渓は百年の歴史を持つ牌楼や未開の生態を残す慈湖園区を有するだけでなく、かつて台湾十大観光小都市、経典小鎮(クラシックタウン)にも選出された、桃園市が積極的にプロモーションを行う重要な観光エリアです。交通部観光局の統計資料によると、日本からの旅行者は2019年には200万人を超え、台湾観光業における重要な客層となっています。引き続き大渓観光のエネルギーと露出度を向上させるため、桃園市政府観光旅遊局は60名の大渓日本語ガイドの募集を開始。熱意に溢れ、日本語ガイドの経験を持つ方々は、ぜひ研修にご参加下さい。本活動では豊富な研修カリキュラムを準備しています。大渓の歴史文化への知見と日本語での会話力、ガイド力を高め、テストに合格して採用された方は、実際に日本人旅行者を率いて大渓老城エリアにてディープなガイドを行っていただきます。ルートは大渓武徳殿、四連棟、中正公園、普済堂、草店尾、和平老街等で、ガイド時間は約2時間半です。

写真

Top