アンカーポイントに移動する
アンカーポイント
アンカーポイント

市長が大溪老街(旧市街)を視察 伝統の味に舌鼓

更新しました:2021-04-28

公開日:2021-02-08

人気:19

市長のお墨付き 百年油飯の味

新型コロナウィルスの危機的感染状況解除に伴い、鄭市長は大溪老街を訪問し、大溪を散策しました。

 

大溪老街で三代続き、技芸薪伝賞も受賞している「游記百年油飯」。百年の歲月を経て、なお秘伝の手作りを厳守し、変わらぬ味を守り続けています。鄭市長の来店を受けて、主人自らが油飯(台湾風おこわ)、看板肉巻など自慢料理の数々をテーブルに。「素材へのこだわりと確かな味は、さすがに百年の老舗だ」と市長は絶賛しました。

お歳暮に最適 豆干ギフトボックス
年末年始に贈答は欠かせません。親戚や友人に心を込めて贈る贈答品に最適な豆干。その老舗「黄日香本舖」を鄭市長が訪問しました。和平路にある「黄日香本舖」は大溪の自然と水が育んだ豆干、黒豆干、豆腐乳などの製品を作り続け、バラエティに富んだギフトボックスを用意しています。口いっぱいに広がる豆の香りが食欲をそそります。
鄭市長は、大溪だけでなく、復興区、楊梅区などでの桜の花見、観光工場、レジャー農場、老街(旧市街)、眷村(軍属村)文化など桃園の多様な旅を紹介しました。

写真

Top