アンカーポイントに移動する
アンカーポイント
アンカーポイント

「2021大溪豆干フェスティバル」大溪旧市街で開催

更新しました:2021-04-28

公開日:2021-04-10

人気:138

「2021大溪豆干フェスティバル」は5日間の会期中、「小旅行」でさまざまな手作りに挑戦していただけ、テーマナイトでは、台湾版シルク・ド・ソレイユと称される「舞鈴劇場」が「大溪之光」を上演します。他にも百人で豆食料理を味わうイベント、文創バザーなど盛り沢山です。

のんびり小旅行 大溪の日常に溶け込む
今回の「豆干フェスティバル」では地元の老舗と協力し、木製コマの絵付け、小木房キーホルダー作り、木版画拓印などの体験教室を開催します。さらに大豆好きにはたまらない豆腐乳、豆干サンドイッチ、湯葉春巻きの手作り体験、プーアール茶とポップコーン・アイスクリームのオリジナル配合などで、各店の商品製造プロセスを体験できます!その後は「木芸生態博物館」、「李騰芳旧宅」などを見学し、桃園のホテルで一夜を過ごしたら、翌日は台7線を走り、復興区のタイヤル族集落で先住民文化と豊かな自然に触れてください。

台湾版シルク・ド・ソレイユが大溪豆干を盛り上げる

今年の「豆干フェスティバル」では全く新しい豆干の祭典を演出します。神輿を先頭に地元グループが街を練り歩き、「豆夜祭」の幕開けです。伝統の伝承、幸福祈願の思いを象徴しています。

「豆夜祭」のフィナーレは台湾版シルク・ド・ソレイユと呼ばれる「舞鈴劇場」の「大溪之光」です。想像を超えた舞台世界では、大溪一の大通りに暁の光が射すと、神の美しい歌声が妖精たちを呼び覚まします。川の妖精、山の妖精が大漢溪の上で飛び跳ね舞い踊り、大豆のような鈴鼓もそれといっしょに踊ります。妖精たちといっしょに大溪のお祭りを祝いましょう!

味蕾の先入観を覆す 百年豆類文化の宴
大溪豆食文化をベースにメニューを考案した「百人豆食饗宴」では、いつもは豆腐を載せる板に豆干サンドイッチ、豆干春巻きの材料が並びます。料理人の指導の下みんなで手作り。独特の豆乳プーアール茶、甘じょっぱい豆腐乳チーズボールを合わせ、中国風伝統音楽が流れる中で大溪ならではの豆食文化を感じてください!

写真

Top