アンカーポイント アンカーポイントに移動する
アンカーポイント

切れ目のない観光刺激策 桃園観光 コロナ禍でも成長

更新しました:2022-08-30

公開日:2022-08-05

人気:310

0805
コロナ禍でも観光地の人出が増加
桃園市の観光産業は、近年目覚ましい発展を示しています。交通部観光局の統計によれば、桃園市は台湾全島で第8位ですが、ここ三年間の観光地の人出の増加が118%となっています。桃園は最後に直轄市に昇格した都市であるため、観光に関する成績は他の直轄市には及びませんが、青埔地区、大溪老街、北横沿線など新しく発展しているエリアが全島の注目を浴びています。「台湾旅遊状況調查報告」によれば、桃園は2018年から2020年にかけて26%のプラスで、六直轄市の中で伸び率は一位でした。ホテル、民宿の設立も毎年成長しており、桃園での宿泊客数も毎年拡大しています。

感染対策は怠らず 経済刺激策は切れ目なく
2019年に始まった新型コロナウィルスの蔓延以来、国際空港都市である桃園は、水際対策の第一線に立ち、域内宿泊業者の防疫作業に協力して来ました。2021年初め感染者数が落ち着いていた際、桃園市政府は、交通部観光局と足並みをそろえ、観光補助策を打ち出すと共に、多数の観光プログラムを策定し、観光関連業者を強力にサポートしています。

写真

Top