アンカーポイント アンカーポイントに移動する
アンカーポイント

三民蝙蝠洞(三民蝙蝠洞)

更新しました:2020-06-15

人気:2475

木曜日:24時間昼夜営業

スポット攻略法

ボードウォークの踊り場から二つの滝を近距離で観察

創造主の傑作!神秘的な雰囲気がいっぱいの彎月水濂洞

アンカーポイント

蝙蝠洞は三民村北部の溪谷内にある天然の巨大岩穴です。洞穴の入口上方には泉が滴っているため、「水濂洞」との美しい名称で呼ばれることもあります。人の手が入らず、また溪谷傍にあるため、たくさんのコウモリがこの洞穴に住み着き、「蝙蝠洞」と呼ばれるようになりました。現在も洞内の地面は赤土で覆われています。これはコウモリが残した糞便が堆積したもので、かつてここに生息したコウモリがいかに莫大な数だったかをうかがわせるものです。


桃114線の終点は「コウモリ洞遊歩道」の入口です。遊歩道は全長約600m。傾斜が緩やかで石畳になっており、徒歩20分ほどでコウモリ洞に到着です。遊歩道は緑が陰を作り涼しく快適。豊かな自然の生態を観察しながら歩くことができ、ところどころでは木製ベンチが休息の場を提供してくれます。路面には、コウモリの絵がタイルで描かれ、思わず微笑んでしまうでしょう。

三民蝙蝠洞

遊歩道を444mほど進むと、螺旋階段型の見晴台が見えてきます。螺旋階段を上って行くと、どこまでも広がる緑の山並みが目に入り、心が晴れ晴れとするでしょう。

見晴し台横の東屋後方には小道があり、下って行くと、三民溪のほとりに階段遊歩道が続いています。ボードウォークの踊り場からは、滝に削られ形成された直径10mにもなる深い滝壺が見られます。夏にはぴったりのひんやり涼やかな秘境です。

三民蝙蝠洞

「蝙蝠洞」は渓流脇の崖に半円形の口を開いています。入口の高さは約20m、洞内の幅は約50m、奥行きは約20mです。体をちょっと斜めにして洞内に入りましょう。内部は半月形をしており、まるで劇場のよう。大変珍しい天然の巨大洞窟は1000人は入れそうです。コウモリはすでにここにはいませんが、神秘的な雰囲気に惹かれて、訪れる人が絶えません。

周りによい旅行

観光スポット情報

営業時間 日曜日:24時間昼夜営業
月曜日:24時間昼夜営業
火曜日:24時間昼夜営業
水曜日:24時間昼夜営業
木曜日:24時間昼夜営業
金曜日:24時間昼夜営業
土曜日:24時間昼夜営業

施設

  • 展望台
  • バス停
  • トイレ
  • 停車場
  • 遊歩道

旅行のヒント

■現在はすでにコウモリは生息していません

交通情報

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

駐車場

■遊歩道入口に駐車場があります
■遊歩道は濡れて滑りやすいので、足元にご注意ください
Top