アンカーポイント アンカーポイントに移動する
アンカーポイント

坑口彩絵村(坑口彩繪村)

更新しました:2021-02-23

人気:4197

土曜日:06:00 – 17:00

スポット攻略法

三合院、老牛車、かまど等、リアルに描かれる農村風景

いくつ食べても懐かしい、おばあちゃんの手作り草仔粿

アンカーポイント

近年台湾では多くのコミュニティが芸術創作を通して新たな輝きを放とうと壁画がブームになっています。「坑口彩絵村」もその一つ。百年の歷史を誇る蘆竹「誠聖宮」傍にあり、レンガ造りの農家が続く道沿に地元の特色を描いたかわいい絵を見ることができます。坑口コミュニティは、関聖帝を主神として祀る誠聖宮を信奉する農村集落です。芸術による村興しを目指すペインティング活動により、住民は力を合わせて村内の壁面に絵を描きました。


こうして、坑口コミュニティは彩絵村として有名になったのです。彩絵区域は最初は誠聖宮の周辺だけでしたが、徐々に拡大し、今では海山路と坑果路の交差点周辺の30ヘクタールの民家の塀と工場の塀、約1000坪の面積範囲に及んでいます。多くは1950~60年代に見られた農村の風景を主とし、素朴で親しみやすい画風が観光客に人気で、ホットな撮影スポットとなっています。
かつて坑口村民はほとんどが農民でした。蘆竹区坑口村と社区発展協会は芸術による村興しを目指しコミュニティペインティングを企画し、誠聖宮付近の民家、工場の塀に農村の風景を描き、彩絵路地を作り上げました。誠聖宮のこの辺りこそ、坑口村モデルコミュニティの起点なのです。ここには、社区発展協会が制作した社区ガイドマップがあり、観光客はマップを見ながら、ペインティング世界の小旅行に出かけることができます。

彩絵村は誠聖宮周辺、彩絵二巷区、永純化工区、海山路沿線の四つのエリアに分けられます。横長の建物に沿って路地に分け入れば、タイムトンネルに入り込んだかのよう。ほとんど原寸大の水牛、鶏、アヒル等の動物達が迎えてくれ、壁画と対話することで、自分が水牛とともに田を耕しているような気分を味わうことができます。または、古い三合院で鶏やアヒルを飼い、人情味あふれる素朴な村落に迷い込んだかのような気分を味わうこともできます。お婆ちゃんのあんか、薪で火を起こし、蒸篭で食物を蒸し、老建築の屋根に突き出る煙突も懐かしさいっぱいの光景です。角を曲がると、幼い頃通った雑貨屋に出会えます。自転車を引きながら友人とレトロな一枚をパチリ。坑口彩絵村は、あちらこちらにうれしい驚きがいっぱい。鮮やかな衣装に着替えた路地裏では、誰もが時間を忘れ、童心に帰って、思い出の中に浸ることができるのです。
海山路付近には、誠聖宮周辺とは違った画風の壁画があります。こちらは風景画。ランタナの花や樹木が画面をより立体的に見せています。秋に訪れるなら、周囲の田畑には一面にコスモスが咲き乱れ、一味違った趣を添えてくれるでしょう。

周りによい旅行

観光スポット情報

ファックス 03-3544054
営業時間 日曜日:06:00 – 17:00
月曜日:06:00 – 17:00
火曜日:06:00 – 17:00
水曜日:06:00 – 17:00
木曜日:06:00 – 17:00
金曜日:06:00 – 17:00
土曜日:06:00 – 17:00

施設

  • トイレ
  • 停車場

交通情報

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
Top