アンカーポイントに移動する
アンカーポイント
アンカーポイント

大溪慈湖遊歩道(大溪慈湖步道)

更新しました:2018-11-06

公開日:2015-12-25

人気:1306

アンカーポイント
時代は移り、蒋介石元総統の墓所である「慈湖陵寝」は「両蒋文化園区」となり、観光客を受け入れています。大溪慈湖を訪れるなら、「頭寮生態遊歩道」、「慈湖遊歩道」、「天鵝湖遊歩道」のこの三本の遊歩道は絶対に外せません。「大溪陵寝」脇の「頭寮生態遊歩道」は草嶺溪に沿って整備され、田園風景が楽しめます。「慈湖遊歩道」からは慈湖の美しい白鳥が眺められる他、衛兵の交代という見逃せないイベントもあります。

「頭寮生態遊歩道」の入口は「大溪陵寝」脇にあり、全長約1.2km。草嶺溪に並走するような河畔の遊歩道からは溪流の美景が楽しめ、時に訪れる優雅に舞う白サギも見られます。所々に立つ「草嶺溪生態解説板」で知識を深め、心地よい水音に癒されましょう。遊歩道は緩やかで、道幅が広いため熱がこもりにくく、子供連れでも安心して散策することができるでしょう。また、ここからは桃園地区唯一の火山であり、台湾本島唯一の盾状火山である草嶺山も望めます。すでに噴火することはない火山ですが、鬱蒼とした緑に覆われた山並みは迫力があります。冬季の休耕期には、華麗なコスモスが花の海を作り、目が覚めるような美しさです。「頭寮遊歩道」は片道約20分で歩き切ることができます。

慈湖ビジターセンターを起点とする「慈湖遊歩道」を散策するなら、先ずはビジターセンターで慈湖と近隣観光スポットのインフォメーションを入手しましょう。館内には「両蒋(蒋介石元総統と蒋経国元総統)」時代の様々な文物が展示され、映像による紹介もあるので、館内見学もお忘れなく。ビジターセンター脇の入口から「慈湖遊歩道」へ歩み出します。短いトレイルですが、様々な角度から慈湖を観賞できるという絶好の条件を備えています。

遊歩道は樹木と竹林に囲まれ、直射日光がほとんど射し込まないほどで、緑にすっぽり包まれたような安らかさを感じることができるでしょう。慈湖の湖岸に沿って歩けば、遊歩道の終点「慈湖陵寝」に到着です。山を背に水に面した環境で、ここに永眠する蒋公(蒋介石)を守るため、憲兵が常時警護しており、交替式にはたくさんの見物客が集まります。鮮やかな手つきで銃を操る華やかな交替式は、一時間ごとに行われます。

湖の風景を堪能したいなら、「天鵝湖遊歩道」がお勧めです。湖を一周する砕石遊歩道からは、波がきらめく慈湖の水面を優雅に泳ぐ黒鳥と白鳥が見られます。湖畔の展望台では欄干に寄りかかって一休み。忙しい日常から離れて、のびのびした気分に浸ることができるでしょう。

観光スポット情報

電話 03-3884437
営業時間 年中開放
公式サイト 公式サイト

施設

  • ビジターセンター
  • 展望台
  • トイレ
  • 停車場
  • 販売部
  • 遊歩道

交通情報

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
Top