アンカーポイントに移動する
アンカーポイント
アンカーポイント

八徳茄苳霄内陽光鉄馬道(八德茄苳霄裡陽光鐵馬道)

更新しました:2018-11-07

公開日:2016-11-01

人気:487

アンカーポイント
これは自分の限界にチャレンジするようなグランドツアーではありません。けれども、この13.5kmのサイクリングロードは大溪、平鎮、中壢、八徳をつなぎ、レトロな人文風味とナチュラルなロハス風味を一度に味わえる旅を提供してくれます。コースは緩やかで走りやすく、親子サイクリングにも、一人きりの自転車旅にもお勧めです。さあ準備はいいですか?Let’s bike!
霄裡国小を起点とし、「宗教人文」、「埤圳楽活」の二つの路線が南北に伸びています。北コースは全長7.7km。長興路から標識に従い霄裡国小まで進みます。大伙房集落は伝統の「浣衣池」を残すことで知られています。ここは地元住民の公民館のようなものです。樹齢百年の古木の下で洗濯し井戸端会議。夏は水の冷たさが心地よく、自転車で立ち寄れば、この地の暮らしの豊かさが感じられます。続いて元聖宮へと前進しましょう。整然と並ぶネットハウスと観光農園が見えてきます。コースの最終地点は「茄苳里埤塘公園」です。三つのため池が繋がり、岸辺の環湖遊歩道には柳が枝を垂らし、釣りやジョギングする人、自転車に乗る人の姿も見られます。この緑滴る光景は「東豊街林蔭遊歩道」まで続き、思いのままにペダルを踏めば、日常の煩わしさを忘れ去ってしまうでしょう。
自然が豊かな北コースとは異なり、南コースは百年の歴史を誇る廟と客家の邸宅が集まっており、地元の風情が濃厚です。福山宮脇の「一号浣衣池」は数十年来コンコンと湧き続けている泉で、地元の人はここで環境にやさしい方法で洗濯し、大自然と共生しているのです。「霄裡社区活動センター」からは古民家集落に入ります。「清操世第」、「盧江堂」、「唐朝居」、「喻竹居」などの赤レンガ大邸宅が百年に及ぶ歲月の麗しさと哀愁を漂わせています。中でも「吳家祠堂」周辺は「石母娘娘文化景観区」に指定されています。手書きのガイドマップを片手に、吳家の開墾の足跡と石母信仰の源を探りましょう。全長5.8kmの南コースのハイライトの一つは、近年人気沸騰中、桃園初のため池「霄裡大池」です。高くそびえるラクウショウが密集し、あたかも海外のリゾート地のような風景です。傍らには田が広がり、コスモス、センダンが交代で独特の美景を構成しています。 

観光スポット情報

営業時間 通年開放
チケット 無料

施設

  • バス停
  • 自転車ステーション
  • 遊歩道

旅行のヒント

■コースの一部は一般道と交差するため、安全にご注意ください。
■元智大学にU-Bikeレンタルステーションがあります。

交通情報

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

駐車場

路上駐車場
Top