アンカーポイントに移動する
アンカーポイント

桃園観光旅行

アンカーポイント

巴陵橋(巴陵大橋、巴陵旧橋)巴陵橋(巴陵大橋、巴陵舊橋)

更新しました:2020-03-24

人気:1645

金曜日:24時間昼夜営業
アンカーポイント
見渡す限りの鬱蒼とした山林の中、大漢溪両端をつなぐ巴陵大橋はピンク色のリボンのようです。水蜜桃の里へと向かう旅の、華やかな幕開けです。羅浮橋、大漢橋とともに北横三大名橋の一つに数えられる巴陵大橋は2005年に完成した巴陵地区のランドマークです。全長220mの鉄骨橋梁は最大185mを跨ぎ、大漢溪にかかる橋では最大です。幅わずかに4.5mで一方通行だった巴陵旧橋に比べ、巴陵大橋は全体幅11.5mの内、車道7.5m、歩道部分も1.5mあり、交通の便が格段に向上し、休日に拉拉山、角板山との間を行き交う車もスムーズに流れるようになりました。大漢溪が描き出す曲線は勇ましく、その上にかかる橋を徒歩で渡れば、橋そのものの建築美にも心を奪われるでしょう。
巴陵大橋からは玉峰溪と三光溪が合流する絶景が、橋横の見晴台からは緑豊かな山谷を背景に新、旧二つの橋が眺められ、車の旅の疲れも癒されます。
巴陵旧橋両端には人の手によって掘られたトンネルがあります。今では車道としては使用されていませんが、内部では台湾先住民タイヤル族の絵画、民族衣装、農特産品を展示し、地元文化を紹介しています。一号トンネルの出口横には「巴壟紀念柱(巴壟は巴陵の旧称)」が立っています。これは、日本統治時代に建設された「巴壟鉄線橋」、すなわち現在の巴陵旧橋の完成を記念したものです。
巴陵旧橋では、バンジージャンプに挑戦することもできます。高さ43mの巴陵旧橋から飛び降り、エクストリームスポーツの刺激的な爽快感を味わってみませんか?

周りによい旅行

観光スポット情報

営業時間 日曜日:24時間昼夜営業
月曜日:24時間昼夜営業
火曜日:24時間昼夜営業
水曜日:24時間昼夜営業
木曜日:24時間昼夜営業
金曜日:24時間昼夜営業
土曜日:24時間昼夜営業
チケット 無料

施設

  • 展望台
  • バス停

旅行のヒント

「北横トラベルフェア」開催地の一つ

交通情報

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

駐車場

路上駐車場
Top