アンカーポイントに移動する
アンカーポイント
アンカーポイント

菱潭街興創基地

更新しました:2020-03-24

公開日:2018-11-12

人気:259

土曜日:12:00 – 18:00
アンカーポイント

楽しみ方攻略
-旧市場グルメ街がクリエイティブ街に華麗に変身
-地元の教室~手作り体験、ミニ書店など、芸術文化の新拠点に
-伝統とアイデアがコラボして繰り出す新しいミックスグルメ
-古い街のかつての姿を探しに、市街地を小旅行

週末は市場でコーヒーをすすり、講演を聞き、料理を習う!「龍潭大池」に近い「菱潭街興創基地」には、龍潭のランドスケープがプリントされた灯籠が掛かります。辺りには焼きたてのケーキの香りが漂い、軽やかな音楽が流れてくることもあります。ここが14年放置され荒れ果てていた「龍潭旧第一市場」のフードコートであったとは、誰にも想像できないでしょう! 

70年代、80年代生まれの若者が、2016年、地元文化の推進を目標に掲げ、文化創造のブースとアートパフォーマンスをつないだ「硬頚市集」を立ち上げました。これは当時高い注目を集め、これが「興創基地」の設立に繋がったのです。2017年「興創基地」はかつて龍潭で最もにぎやかだった「第一市場」に居を定め、龍潭の旧名である「菱潭」を冠して、20の地場産業のクリエイティブブランドを集め、龍潭に前代未聞のカルチャーエネルギーを注ぎ込みました。現在店舗数は50軒に近く、カテゴリーもアートスタジオ、ドライフラワー、農家直送製品、絵本物語館、スイーツ、軽食店など多岐にわたります。ここでは文創は絵空事ではなく、地に足をつけた暮らし方の一つなのです。

わずか数百mの菱潭街では、新旧が混在する絕妙の組合せがあちらこちらで見られます。「鹹魚鶏卵ケーキ」、「アップル・サーモン刈包」は、古くて新しい不思議な味です。子供も大人も気軽に中国音楽にチャレンジできる二胡教室、伝統の客家料理の作り方を学びたいなら料理教室もあります!にぎわう往時の街の情景は、手書きの絵葉書に蘇っています。レトロな雰囲気を醸す木のドアを押し開け、ハンドドリップのコーヒーを味わいましょう。「桃澗堡故事屋」は親子が共に時を過ごせる至高の場所。絵本、手作り体験を通して、旧市街の過去と現在に思いを馳せます。菱潭街の変遷の中にうれしい驚きを探しましょう。

 

観光スポット情報

営業時間 日曜日:12:00 – 18:00
月曜日:店休
火曜日:店休
水曜日:店休
木曜日:店休
金曜日:店休
土曜日:12:00 – 18:00
チケット 無料

施設

  • バス停
  • トイレ
  • 停車場
  • 販売部

交通情報

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

Instagram @taoyuantravel

圖片文字介接自Instagram,版權屬原作者所有
Top