アンカーポイントに移動する
アンカーポイント
アンカーポイント

A8芸文センター (A8藝文中心)

更新しました:2019-04-12

公開日:2018-11-13

人気:217

アンカーポイント

楽しみ方攻略
-MRT商圏の隠れた芸術空間
-芸術と地元生活の美しい交錯

自由自在なアートスペースを都市に設け、誰もが心地よい時を過ごせるよう「A8芸文センター」は設立されました。開館わずか一年で見学者数は一万人を突破。人気の秘密はどこにあるのでしょうか?MRT長庚医院駅ターミナルビル3階にある「A8芸文センター」は環球ショッピングモール、長庚医院、福容大飯店に隣接し、百坪の空間に、モダンアートと地元文化を主軸に、展示、創作活動、アトリエ、講演会等を通して、暮らしをじっくり味わう良さを伝えています。

開館展「開門見風土」のコンセプトである「故郷を認識するドアを開こう」のように、地元文化を広めるために設置された「A8芸文センター」には、地元要素を含まない展示はありません。本土芸術、特色ある店が人と土地、人と人との火花を美しく散らしています。「芸遊風土」展では「茶籽堂」、版画家の沐冉と手を携え、亀山の苦茶文化を深く掘り下げました。「城事‧新憶」展では、黄ばんだ写真、乗車券、雑貨店のポスター等の見慣れた暮らしの事物から、故郷への情感を呼び覚ましました。「與衆不同」展では、イラストレーターが軍属村の物語をペンで語り、歲月を画用紙の上に凝縮させました。

地方文化の新スポットとしてだけでなく、「A8芸文センター」は親子アートの普及推進も主要な目標に掲げています。そのため「開門見風土」展と「灑野」展では、独立書店による展示とテーマに関連した絵本で、親子がいっしょに読書に浸る時間を演出しました。木の枝ペンによる落書き、人物イラスト、版画著色等の多様な体験活動を通して子供たちの想像力を刺激し、芸術に年齢は関係ないとの理念を実践し、自分が暮らす都市そのものを子供たちに深く体験してもらいました。

 

観光スポット情報

電話 03-3185119
ファックス 03-3182119
営業時間 火曜〜日曜11:00〜19:00、月曜及び祝日休館
チケット 無料

施設

  • バス停
  • トイレ
  • 停車場
  • オンライン

交通情報

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

駐車場

■環球ショッピングモール駐車場
Top