アンカーポイントに移動する
アンカーポイント
アンカーポイント

楽信瓦旦紀念公園 (樂信瓦旦紀念公園)

更新しました:2019-04-14

公開日:2019-04-14

人気:111

アンカーポイント

楽信瓦旦紀念公園は羅馬公路そばにあります。入口の通りには懐かしい写真が並べられ、楽信・瓦旦の事績が記録されています。公園に入り、木製の眺望台に登れば、四方の美しい景色を見ることができます。紺碧の空に漂う白い雲、春なら満開の桜が楽しめます。アワが実る時期になると、黄金のアワが畑で風に揺れる様子が見られ、青い空と相まって格別な美しさです。

新落成的瞭望台眺望がこんなに素敵な公園ですが、実は悲しいお話が隠されています。楽信・瓦旦はタイヤル族の頭目で、最も早い時代に現代医学教育を受けたタイヤル族民でした。台湾大学医学院の前身である台湾総督府医学専門学校を卒業し、台湾総督府の公医に就任。渡井三郎医師の名で、タイヤル族部落で医療に従事し、医療観念の普及に尽力しました。日本とタイヤル族間の緩衝役でもありました。終戦後、楽信・瓦旦は林瑞昌に改名、第一回台湾省臨時議会議員に当選し、民族の権利獲得のため積極的に活動しましたが、白色テロの被害者となりました。のちに、この偉大なタイヤル族のリーダーを記念して当公園が建設されました。


樂信瓦旦的生命跡圖
 

観光スポット情報

営業時間 年中無休
チケット 免費

施設

  • 展望台

交通情報

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
Top