アンカーポイントに移動する
アンカーポイント

桃園観光旅行

アンカーポイント

巴陵一号、二号トンネル (巴陵一號、二號隧道)

更新しました:2020-12-21

人気:242

スポット攻略法

かつての車道は「タイヤル文化走廊」になっています

先住民部落の幾米(台湾の有名絵本作家)!今にも動き出しそうな米路哈勇の壁画

アンカーポイント
2005年の「巴陵大橋」開通後、台7線の重要な連絡道路だった巴陵旧橋の両端をつなぐ巴陵一号、二号トンネルは役目を終えることとなりました。拉拉山との間を行き来する車が、鮮やかな紅色の吊橋を通る様子はもう見られませんが、日本統治時代の建築芸術を鑑賞できる場に生まれ変わりました。トンネルは「タイヤル文化廊道」として先住民部落の日常を伝える場となっています。

巴陵一号、二号トンネルは1966年に巴陵旧橋が架けられた当時、人の手で開削されたトンネルです。「巴陵一号トンネル」は長さ68メートル。ここでは、手近にある素材で建てられたタイヤル伝統の高床式穀倉、赤色系の伝統衣装、狩りに使われる猟刀、女性が臼と杵を持つ彫像、イノシシ、キョン、タイワンツキノワグマなど山林に生息する野生動物の人形が見られます。トンネル出入り口に近い大きな壁画はタイヤル族爺亨部落出身の芸術家、米路・哈勇﹙miru Hayung﹚の作品です。その壁画作品は部落入口の目印としてしばしば用いられています。トンネル内の作品『守護』、『生生不息』には、それを施していなければ、死後に彩虹橋を通ることができないとされている顔面刺青が鮮やかな色彩で描かれており、タイヤル族子孫の代々の繁栄を象徴する土地と川も見られます。トンネルを出たところにある高さ約10メートルのコンクリート柱は、1914年「巴壟鉄線橋」の完成を記念して建てられた記念柱で、当時の建設部門である「土木局」の文字が今もはっきりと読み取れます。「巴陵旧橋」を渡った後は、「巴陵二号トンネル」へ向かいましょう。トンネルの長さは79メートル。主要な展示物は水蜜桃、甘柿、シイタケ、タケノコ、キャベツなど現地の農特産品、機織りに勤しむ女性の人形で、壁面にはタイヤル族の暮らし百態を描いた壁画もあります。

周りによい旅行

観光スポット情報

施設

  • トイレ

旅行のヒント

■トンネルは車両進入禁止

交通情報

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

駐車場

路上駐車
Top