アンカーポイントに移動する
アンカーポイント
アンカーポイント

大溪木芸生態博物館(大溪木藝生態博物館)

旅行者の評価:3.5 7 件の口コミ

更新しました:2020-03-24

人気:1649

アンカーポイント
北欧発の「生態博物館」をコンセプトに、「住民」が核心的役割を担い、一般の人の博物館に対するステレオタイプな印象を覆しました。台湾初の「生態」の二文字を冠した博物館であり、宜蘭、金門に続き、台湾西部地区では初めての囲いのない博物館です。
大溪では、この地が歩んできた二百年余りの歷史の面影が至るところで見られます。1810年代にここに根を下ろして以来、木工産業は発展を続け、和平老街(旧市街)、康壮路、信義路、員林路等には今でも木工所と製材工場が林立しており、大溪はまさに台湾木工芸産業の重鎮です。またここには、1901年の改制後に大嵙崁支庁が置かれ、普済路一帯では警察官舎群が見られます。こうして形成された独特の警察生活圈は大溪百年の警政発展史を示しています。
木芸生態博物館は、文化資産保存と地元コミュニティとのつながりを理念に、「大溪の木工芸産業」と「大溪の庶民生活」を二大核心テーマとしています。武徳殿、22軒の日本式官舎群を含む公有建造物を段階的にリノベーションし、完成したものから順番に公開している他、これに地元の歷史ある町屋を取り込み、大溪全体を人文博物館としているのです。
大溪木芸生態博物館(大溪木藝生態博物館)現在、トップを切って公開されている建物は「一号館」と呼ばれています。1920年代に建てられた日本式の平屋建築で、かつては大溪小学校校長の官舎でした。その後、大溪初級中学校の英語教師、陳茂林が居住していた頃は、夫人の陳王翠梧女史がこの家で裁縫を教えていました。官舎の門口に「溪光縫紉補習班」と看板が掲げられている光景は、大溪の女性たちにとって共通の思い出です。かつてのプライベート空間がパブリックスペースとなり、古い民家に新しい生命力が漲っています。
大溪木芸生態博物館(大溪木藝生態博物館)
大溪の木工芸の隆盛を再現するため、この「一号館」は木造の日本式外観を残し、「木工芸」をメインテーマに、食べ物、宗教等庶民の生活文化も展示しています。屋外には「新玉清木器」設計の大溪老街牌楼形状の木製長椅子があり、室内には「協大木器」製造の木製テーブルセットがあります。また、生き生きしたビデオガイドが大溪の歷史文化を伝えています。
博物館で文化と歷史を見学したら、外に出て路地裏の街角館を巡りましょう。9ヶ所の街角館が博物館と提携し、大溪の工芸美を紹介しています。一つ一つの街角館がそれぞれ一つのテーマを持つ分館で、「達文西瓜芸文館」、「新玉清木器」、「協大木器行」、「下街四十番地工房」、「協盛木器」等は和平老街にあります。また、大溪老街の行止りには、百年の歷史を有する大溪中正公園があり、ここには日本統治時代の大溪神社の跡が残っています。公園の向こう側は「大溪芸文之家(蒋公行館)」です。ここには日本統治時代の建築「公会堂」と「蒋公行館」があります。大溪の路地裏を探索すれば、かつての栄華の跡が偲ばれます。

観光スポット情報

電話 03-3888600
ファックス 03-3888677
営業時間 09:30-17:00(月曜日休)

施設

  • 解説/ブリーフィング

交通情報

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

トリップアドバイザー 口コミ

旅行者の評価:3.5 7 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 0 とても悪い
  2. 0 悪い
  3. 2 普通
  4. 2 良い
  5. 2 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 0 ファミリー
  2. 2 カップル・恋人
  3. 2 一人
  4. 0 出張・ビジネス
  5. 2 友達
  • yihsinL14

    旅行者のタイプ:

    家族

    桃園市大渓ウッドアート生態学館

    旅行者の評価:4 2019-06

    ガイドは細かくて真剣で、街のゆっくりとしたツアーにはぴったりの場所です、芸術的なホールの裏庭は過去から遠く離れて見え、飛行機は空で、中山路の古い通りの家に改装された古い和風の建物に届きます。 工芸品や家具のディスプレイ。
  • Happiness808742

    東京都

    旅行者のタイプ:

    カップル・夫婦

    懐かしい感じのするのんびり出来た場所でした

    旅行者の評価:3 2017-11

    石板古道から普濟路を南に進むと中正路と交差するあたりにありました。木造の昔の日本家屋のような建物がいくつかありました。四連棟のところは人が多かったですが、それ以外は空いていました。
  • san_4_san

    東京23区, 東京都

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    自由に見学できる

    旅行者の評価:3 2016-11

    大渓老街では古い建物がリノベーションされたり、復元されたりして、レトロな街並みが維持されていました。観光客で賑わう和平路には美しいレリーフの建物がお店として利用されていました。老街の南側、公会堂の近くには日本統治時代の木造の建物がいくつか復元されていて、博物館として公開されていました。 どの建物も入場無料で自由に入ることが出来て、とても楽しめました。
  • Tomyamkung_JPN

    成田市, 千葉県

    日本統治時代の古い建物を使った半屋外型の博物館です。

    旅行者の評価:4 2016-12

    日本統治時代の古い建物を利用した博物館です。一つの建物だけではなく、いくつかの建物をまとめて整備しているようで、建物間は屋外を徒歩で移動します。林業で栄えた理由やそのころの様子、老街の建物の紹介などを見ることができます。 日本人的には、漫画などで見たことのある、昭和初期の時代にタイムスリップしたような感覚になりました。また高台にあるので、景色が非常によく、のんびりと散歩気分で散策するにはいい場所です。老街が非常に混雑するので、ギャップに癒されました。
  • thelonious22

    Seongnam

    Needs some English explanations

    旅行者の評価:2 2019-11

    Daxi Wood Art Eco Museum lacked English explanations so it was even difficult to tell what the purpose of the museum was. Our guides did some explaining with the interlocking wooden parts of furnitur...

1-7 件の口コミ

すべての口コミ

この口コミ情報は桃園市政府とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

Top