アンカーポイントに移動する
アンカーポイント

拝礼でご加護を得る - 神仏お参りの旅

拝礼でご 加護を得る

台湾の伝統的な民間信仰は、道教、仏教を主としており、地域によってその宗教文化は異なります。

桃園には百年以上の歴史を持つお廟があります。地域の人にとっての重要な信仰の中心であり、地元の生活の縮図でもあります。廟宇前の広場で演劇を観賞したり、将棋を指したり、屋台の食べ物を食べたり、旧正月や祭事に廟宇の神様に安全を祈願したりと、日常生活の一部となっています。お廟でご利益をお祈りする旅にどうぞお越しください。旅行者の方を地域の文化信仰体験にお連れします。

拝礼の作法

台湾の伝統的なお廟を訪れ、廟門を通り抜けるとそこはもう神様の領域です。参観者は歩きながら素食以外のものを口にするべきではありません。畏敬の念を持って建築物や交趾焼、石彫等の宗教芸術の美を観賞するべきです。
一般的な道教のお廟には三つの門があります。真ん中の門は、神様の出入りする通り道で、大きな祭事があるときにだけ開かれます。左側の門は龍門と呼ばれ、壁面には龍の石彫や彩色画があります。右側の門は虎門で、猛虎をモチーフに装飾されています。参観の順序は、龍門から進み虎門から出ます。廟宇に順序図があれば、参観者はその順序に従い進みましょう。

基本的な拝礼の流れ

  • はじめに
    お供え物を用意する

    神様に供えるための生花や果物を用意します。通常、お廟の近くで購入することができます。

  • 次に
    香を焚き、手を合わせる

    線香を1本もしくは3本手に持ちます。まず、外にある天公炉に向かって拝礼し、その後、本殿中央の主神に拝礼します。

  • 最後に
    心の中で祈りを捧げる

    神様に拝礼する際、心の中で自分の名前、どこから来たか、祈願する事柄を述べます。最後に神様のご加護に感謝を表します。

メモ: もし他の宗教に信仰があり、お香をあげることが難しければ、手を合わせるか厳かな気持ちで参観することができるでしょう。

Top