アンカーポイントに移動する
アンカーポイント
アンカーポイント

大渓老茶工場 (大溪老茶廠)

旅行者の評価:4 83 件の口コミ

更新しました:2018-11-04

公開日:2016-12-19

人気:2149

土曜日:10:00 – 17:30
アンカーポイント
大渓老製茶工場を訪ねる、「茶を楽しむ時」の旅の幕開けです。1926年に日本人が建設した角板山工場が大渓老茶廠の前身です。ここから、当時の「茶金立志伝」とでも言うべき大渓製茶の輝かしい歴史が始まります。1956年の大火で工場のほとんどが焼失してしまいましたが、2010年に台湾農林股份有限公司が再建に着手したことで、お茶の風雅を極めたこの建物は新旧が融合した形で半世紀ぶりに人々の前に姿を現しました。大渓老製茶工場の外観はインドのダージリン紅茶工場を手本としていますが、内部空間は日台の特色が合体していて、様々な文化の様相を備えています。青を建物の基調としていて、窓枠や柱、天井に壁、芸術作品など、どれも落ち着いた青の色調と建物のレンガ造りにヒノキ屋根が混ざり合った製茶工場にしっくりと馴染みます。この「大渓の青」の中で、時間の流れに研ぎ澄まされた落ち着いた美観と骨董品のような製茶の設備は、ゆるやかにささやかれる茶話のようです。
製茶工場のどこにいても、茶の香りや文化が感じられます。静かな水辺を散策して街の喧騒から離れた静かな時を感じたり、100個以上の団茶が詰まれたプーアル茶の壁を見て歳月の香りを味わったり、本の虫干しコーナーで肩の力を抜いて文字の世界で時間を忘れたり、ティーハウスで友と向かい合って一緒にお茶を飲みながら日常を語らうこともできます。もちろん、塗り絵本に一筆加えて、この小旅行に美しい注釈を付け加えるのもお忘れなく。
「自然への順応」こそ大渓老製茶工場の永久不変の経営原則です。製造工程ではどんな農薬も使用せず、食の安全とオーガニックを提唱。すべての製品がSGS認証を受けています。毎月、人数限定で美食ビュッフェの予約を受け付けています。15種類の地元の旬のグルメがお茶の香りに味わいを添え、そのピュアな口当たりと爽やかな甘みによって旅行客も銘茶の魅力を存分に楽しめます。また、毎日提供されている通常セットも、シンプルな中に無限に広がる飲食文化を味わえます。

観光スポット情報

電話 03-3825089
ファックス 03-3825101
営業時間 日曜日:10:00 – 17:30
月曜日:10:00 – 17:00
火曜日:10:00 – 17:00
水曜日:10:00 – 17:00
木曜日:10:00 – 17:00
金曜日:10:00 – 17:00
土曜日:10:00 – 17:30
チケット 参観無料、特別時間ガイド料金は別途計算(全額店内販売のお茶類商品に充当できます)
公式サイト 公式サイト

施設

  • 解説/ブリーフィング
  • バス停
  • トイレ
  • 停車場
  • 販売部

旅行のヒント

1.参観のご予約は公式サイトにて申込表をダウンロードしてください
2.専門ガイド時間:11:00、14:00、15:30の計3回。その他の時間で、特別時間ガイドをご希望の場合、20人以上、料金NT$100/人で承ります。料金は店内で販売する全てのお茶類および商品の消費に全額充当できます(お食事、お飲み物、スイーツ&野菜にはご利用頂けません)。ガイドはビデオ鑑賞も含めて60分間です。ご来場日の7日前までにご予約ください。

交通情報

お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します

駐車場

駐車場あり

トリップアドバイザー 口コミ

旅行者の評価:4.0 83 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 0 とても悪い
  2. 1 悪い
  3. 18 普通
  4. 33 良い
  5. 31 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 29 ファミリー
  2. 25 カップル・恋人
  3. 3 一人
  4. 1 出張・ビジネス
  5. 17 友達
  • KiyoshiYoshizawa

    港区, 東京都

    三井農林が日東紅茶を作っていた工場跡です

    旅行者の評価:5 2019-10

    南園1泊ツアーの途中で寄りました。日本が輸出用として紅茶を製造していた工場をリノベートして観光施設にしています。現在は価格面で安い紅茶に対抗できないのでささやかに自然農法で栽培したウーロン茶や紅茶を製造しています。昔の製法を説明する映像(日本語字幕あり)を見た後50分ほどの案内をしてもらいました。トイレが外の離れた建物にあるのは臭いが茶に移らないためなどの説明が面白かった。ただし中国語なのでツアーガイドの通訳が必要でした。レストランが併設されており美味しい茶葉料理が楽しめます。種々のお茶や茶飴などお土産も充実しています。
  • lucy_amy40425

    旅行者のタイプ:

    家族

    休日以外の営業時間を選んで入場しましたが、案の定、場内には人の波がなく、静かで快適な散歩と写真撮影ができました。

    旅行者の評価:4 2018-09

    休日以外の営業時間を選んで入場しましたが、案の定、場内には人の波がなく、静かで快適な散歩と写真撮影ができました。 入場券は工場内の消費に割引されます。その後、お茶をたくさん買って家に帰って飲みます。古いお茶工場内にも当日入れた新鮮なお茶が無料で使えます。
  • xiaoquan

    江東区, 東京都

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    時間をかけていった価値がありました!

    旅行者の評価:5 2018-12

    台北から桃園まで行き、台湾好行をいうバスに乗っていくはずでした。土曜日だったので台湾好行のサイトでも調べていったのですが、なぜか運行していないといわれました。5096のバスで終点の大溪まで行き乗り換えといわれましたが、接続が悪く大溪からタクシーで行きました。メーターなしで300元。帰りはタクシーをお茶屋さんで呼んでもらい大溪までで290元。メーターなしでもそんなにぼったくられていない事が発見できました(笑) 台湾好行がないと行くのは結構大変です…。心が折れそうになりましたが、着いたら素晴らしい時間が待っています。 お店は古い工場をリノベーションしています。風通しがよく緑も多くて本当に落ち着ける場所です。時間によってビデオ上映がありますが、日本人がいるとわかれば日本語字幕のものを流してくれます。 ゆったりとした時間を静かに過ごしたいときに本当におすすめです。併設のカフェもランチメニューやデザートなどがあります。 入場料として100元取られますが、実はこの100元、中でお茶を購入したいときなどの、金券として使用できます。私は280元のランチセットを頼みましたが、そのチケットを利用し、実質180元でいただけました。 ぜひまた行きたいです!
  • Sightseer808152

    旅行者のタイプ:

    家族

    期待はずれ

    旅行者の評価:3 2018-09

    大溪のウェスティンリゾートに宿泊したついでに寄りました。車で30分。美しいと話題のスポットなので期待していましたが、こじんまりと小さな工場で、えっ?これだけという。見所は特にありません。特に二階は物置のようになっており、意味不明でした。山奥の交通の不便な場所で、日本人観光客がわざわざ立ち寄るほどの価値はないです。めちゃめちゃ暑いです。レストランのごはんは台湾風の味付けながら食べやすく脂っこくもなくよかったです。ベビーチェア完備です。
  • KANJANI8

    台南, 台湾

    旅行者のタイプ:

    家族

    光と影と風が感じられます。

    旅行者の評価:4 2018-04

    昔製茶の工場として稼動しました。 近年観光工場に変身し、観光客賑わう場所になりました。 山のなかにあるので、交通はやや不便です。 建物の中に光と影と風が感じられます。 インスタ映えする場所です。 売店と喫茶店があります。

1-83 件の口コミ

すべての口コミ

この口コミ情報は桃園市政府とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

Top