アンカーポイントに移動する
アンカーポイント
アンカーポイント

水辺の景色

大自然で心と魂に栄養を

桃園は「千塘の鄉」と讃えられ、エリア内には夜空に散らばる星々のごとく埤塘(溜池)が点在しています。これらはかつて潅漑と貯水で重要な役割を果していました。今ではその重要性は失われましたが、貴重な埤塘資源に対する理解を深め、埤塘の文化、生態、景観を保存しようと、各地で埤塘の再建運動が広がっています。

水辺の景色

水辺の景色

埤塘(溜池)で生態観賞

北横沿線には低/中海抜地域特有の豊かな自然が残り、そこに息づく生態もバラエティに富んでいます。大溪鎮を起点とした低海抜地区では、頭寮、慈湖地区で鳥類、昆虫、カエル類の生態が観察できます。石門水庫(ダム)、大漢溪、頭寮大池等の水辺の景色が広がる大溪一帯は、秀麗な山と水に囲まれたリゾートに最適の地です。

大漢溪の美景

大漢溪は新竹県を源に、桃園エリア内を流れ下ります。大漢溪は淡水河と合流するため、水運が地域の繫栄をもたらし、かつての大溪は隆盛を誇りました。大漢溪にかかる大溪橋は豪華なバロック式の門を持ち、夜間は色が変化するライトアップが行われます。大漢溪を一望できるここは、ロマンチックな夜景を眺めるカップルに人気です。

慈湖で水辺の景色を堪能

慈湖は元の名を埤尾といいますが、百吉トンネル出口に近いため、洞口とも呼ばれていました。新月形をしていることで、かつて「龍過脈埤」という名だった後慈湖は、長年軍事管制区に指定されていたため、生態と環境がとてもよく保存されています。クスノキとショウナンボクがここの代表的な樹木で、湖畔の遊歩道では鳥類や蝶が観賞でき、紅葉狩りにも絶好の場所です。

 

お勧め観光スポット

Top